ターゲットを30代男性陣に。男性が集まる趣味の場に参加してみよう。

20代で男友達が欲しいのであれば、学生のノリで行動しないほうが良いでしょうね。社会人となっている人がほとんどですから、ターゲット層が広いところに絞った方が効率が良いわけです。効率が良ければ、それだけ苦労せずに男友達が出来るのですから、気持ち的にも余裕が出て女性として、また人としての魅力もあがってくるでしょう。

では、どこをターゲットとすれば良いのでしょうか。それは同年代ではありません。同年代の20代は、あなたと同様社会に出たばかりでそんな気持ちも経済的な余裕もあまりありません。余裕が無ければ友達作りに考えが向くことはないでしょう。それではどこの層が、男友達としてターゲット層として適当なのか、それはずばり30代の男性です。

30代ともなれば、社会人としての経験としても十分、自分自身のことも良く分かってきて生活や精神的な安定もはかれている頃です。そんな余裕がある層こそ、仕事が休みのオフの時はやはり楽しく過ごしたいと思っているものです。既に彼女がいたとしてもグループで遊びに行くのはOKという人たちも少なからずいるでしょう。10歳程度年上であれば、あなたの知らないような遊び方を教えてくれるかもしれません。お互いに年齢のギャップが新鮮に感じられるちょうど良い範囲が10歳程度の差なのかもしれませんね。

さて、こんな30代男性とどうやって友達として知りあえば良いのかですが、チャンスはさまざまなところに転がっています。例えば、お酒が好きなら居酒屋ではしゃぐのはそろそろ卒業し、ワインの勉強でも始めてみましょう。講座にはワイン好きの男性陣が多く通っているでしょう。また、本好きなら一人で図書館に通うのは止めて読書会に参加するとか、体を動かすのが好きならジムでのイベントに参加するとか、社会人のスポーツサークルに出向くなどです。自分を大きく変える必要は全くなく、その興味の方向のまま、場を変えてみると良いのです。この一歩を踏み出せれば男友達を作るのはそれほど難しいことではないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です